NLPプロコーチング認定セミナー

運営:NLP-JAPAN ラーニング・センター お気軽にお問い合わせ下さい

基本的なコーチング「GROWモデル」

複数ある「基本的なコーチングモデル」の中から、基本となる「GROWモデル」をご紹介します。

GROWモデルは4つのポイントの頭文字をとっています。

G: Goal(目標・欲しい結果)
R: Reality Check(現実の確認)
O: Options(選択肢)
W: Will(意志)
ゴールに向かう意志や、実行責任を果たす気持ち

GROWモデル

ここでは『NLPプロフェッショナルコーチ』バージョンのGROWモデルをご紹介します。

ステップ1:G「Goal(目標・欲しい結果)」
  1. いつまでに、どのような結果を手にしたいですか?
  2. どのような状態になるとゴールを達成したと判断できますか?
  3. ゴールは「どこで、誰と」達成していますか?
  4. ゴールを達成することで何を得られますか?
ステップ2:R「Reality Check(現実の確認)」
  1. ゴールに対して何を行い、どのような成果を手にしていますか?
  2. 成果を止めているものはありますか?
ステップ3:O「Options(選択肢)」
  1. 現状とゴールの差異を埋めるために何が必要ですか?
  2. ゴールを達成するために何が課題になりますか?
  3. どのようなアクションが必要ですか?
  4. どのようなリソースを持っていますか?/さらに必要なリソースは?
  5. いつ、誰の、どのような協力が必要ですか?
ステップ4.W「Will(意志)」
  1. ゴールは達成可能ですか?
  2. ゴールを達成したい気持ちはありますか?
  3. ゴールを達成するための行動に責任を持ちますか?
  4. いつまでに、どのような行動を起こしますか?
  5. はじめの一歩として何を行いますか?

実際のコーチングセッションでは、クライアントのゴールや課題、話に合わせて、以下のように臨機応変に進めます。

  • 話を掘り下げる/広げる
  • ステップの順番を変える
  • ステップの1~4を行き来する
  • 他のコーチングモデルと併用する

その他、コーチングモデルの例

他にも「解決思考コーチング(ソリューション・フォーカス)」「コーチングファネル」など、複数のコーチングモデルが存在します。さらに『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』のモデルを合わせると以下のように複数あります。

  • 解決思考コーチング
  • コーチングファネル
  • 普遍の変化のサイクルを使ったコーチング
  • ビリーフチェンジのスクリプト
  • 的確に構成されたアウトカム
  • 問題解決のストラテジー

など

NLP体験講座
NLP無料レポート
NLP-JAPAN ラーニング・センター

ページの先頭に戻る